▊エアコンクリーニングの質問と答え9「エアコン洗浄スプレー缶と業者さんの高圧洗浄との違い」

質問と答え

エアコン洗浄スプレー缶と業者さんの高圧洗浄との違い

店長夫人
店長夫人

市販のエアコン洗浄用スプレーを使って掃除をするかプロの業者さんにエアコンクリーニングを頼むか迷っています。 

 スプレーと業者さんのエアコンクリーニングではやはり違いは大きいですか?

店長
店長

市販のエアコン掃除用スプレーは一般的には窓ガラスのお掃除用のスプレー缶と同じエアゾール状(ムース状)で噴射されますが、このタイプのスプレー缶を使用した場合アルミフィンに洗剤の成分と分解された汚れが留まってしまいドレンパン(エアコン内部の結露水を室外に流す排水用ホース)を伝って自然に室外に排出はされません。

  アルミフィンに付着した洗剤成分と汚れを確実にすすいで流し切るのにはどうしてもエアコンクリーニング業者さんが使用する高圧洗浄機が必要になります。

 またエアコン本体下部の送風ファンの洗浄も市販品を使用しますとやはり汚れの大半が送風ファンに付着したままになってしまいますので、こちらもエアコン本体及び周囲に養生をして高圧洗浄機を使用、仕上げのすすぎ作業を行った方が好ましいです。

 市販品の値段と業者さんの作業料金を比べましても市販品でアルミフィン、シロッコファン併せて5~6千円位、一方の業者さんも閑散期でしたら6千円前後の作業料金で対応してくれる業者さんが見つかる場合があります。

 繁忙期でもこの金額にもう少し上乗せ程度ですのでコスパ的にもそうは変わらない様に存じます。

 そうした面においても可能でしたらスプレー缶でなくハウスクリーニング業者さんのご利用をお勧め致します。

店長夫人
店長夫人

よくわかりました。

 エアコンクリーニング業者さんの作業料金の値段が下がる閑散期はいつ位でしょうか!?

店長
店長

特に値段が下がって業者さんが速攻で対応してくれる可能性が高いのは年明け1~2月あたりです。

 エアコンは冬場も使用しますから暖房の電気代を節約させるという意味でも1~2年に一回位の頻度でこの時期にエアコンクリーニングをすませれば作業料金も安く済んで電気代も節約ができるという一石二鳥が見込めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました