▊エアコンクリーニングの作業事例2(電気料金比較画像有り)

エアコンクリーニング・アイキャッチ画像 エアコンクリーニング

小島お掃除商会です。

 本日はエアコンクリーニングのビフォーアフター写真をご紹介致します(久しぶりの更新なのでワードプレスの操作方法を忘れてしまっております。小島お掃除商会本店サイトはこまごまと更新をしております)。

エアコンクリーニングのビフォーアフター写真

 

ビフォー写真(意外と効果的な電気代節約方法)

エアコンクリーニング ビフォー写真
★写真をクリックして拡大できます(クリック後にマウスホイールで拡大縮小できます)。

エアコン本体カバーを取り外した正面部分です。

 実はこれ自宅の自分のエアコンです。

 5月に暇を見てクリーニングしました。

 富士通製のエアコンです。

 富士通製のエアコンはスタンダードタイプに限ってですがフルパネル(本体カバー)の取り外しがしずらいので有名です(個人的には富士通→日立→東芝の順で外しづらいです)。

 エアコンクリーニングをなりわいとしているかなりのベテランの方でも苦手という人は意外と多いです。

 エアコンクリーニング業で独立開業したての人ですと最悪の場合この本体カバーが外せなくて作業が中止などのケースも無くはないと存じます。

 それでなくとも慣れない人ですとカバーを外すのに2~30分かかるとか多分ざらにあると存じます。

 カバーの下側に「PUSH」とかの表示があります(東芝等もあります)

 慣れない内はこれを書かれている通りにこの部分にうんと力を込めて指で上側に押し上げながら前面にずらして外そうとします(自分がかつてそうでした。腕がめちゃめちゃ疲れてつります)。

 また富士通製は正面カバーの根元の取り付け部分に本体カバーの取り外し法方が書かれたシールが貼られているのですがこの説明イラストと文章の内容が非常に難解で正直毎度いつもいつもの事なのですが、これを見てこのシールの内容がエアコンのどの部分に対して一体私に何をどうしろと書かれているのかが私にはさっぱり理解できません

 自室のこのエアコンにも、おそらくこの謎シールが貼られているはずですがエアコンの設置位置が室内の面倒なレイアウトなので撮影、掲載は割愛しますが富士通製スタンダードエアコンをお持ちの皆さんもぜひこのシールをご覧になってご解読に挑戦してみて下さい。

 ・・・と言いましてもなんだかんだで職人はこれとは全く無関係の部分で取り外しを可能にしてしまうものです。

 ただしこれが説明のしようが難しく何というかあえて言うと‘本体カバーと対話をする(会話ではない)’と言いますか取り外しのコツをつかんで楽にできるようになった人には理解できると思いますが、あえて言いますと本体カバー下半分を色々とつかみながら2~3分位ガチャガチャしてますと何故か力をほとんど込める事無く‘ガチャッ’って外れてしまいます。

 自分でも結構不思議です(同席しているお客様にはポーカーフェイスを装っていますが)。

 大体仕事で一カ月に何件か扱ってそれが半年から1年位続けば割と誰でもこんな感じで扱えるようになると存じます。

 いうほど難しくはないです。

 ご自宅で富士通製のスタンダードエアコンを一台購入して毎日付け外しの練習をすれば1週間~1カ月位もすれば楽々できるようになると存じます。

 富士通製のスタンダードエアコンの本体カバーを取り外せれば他の全てのメーカーの本体カバーの付け外しはほぼ100%カバーできるものと存じます。

 アルカリ洗剤の使用と本体カバーの付け外しはちょっとした参入障壁ですね。

 富士通製などは本体カバーの付け外しは必ず可能ですので「構造上本体カバーが外せない様になっておりますのでこのままクリーニング作業を行います」と提案、お断りしてくる業者さんがおられましたらその業者さんは悪質な手抜き業者さんですのでその点はご留意の程をお願い致します。

 ちなみにですがお掃除機能付きエアコンをロボット部分と本体カバーがそのままの状態でクリーニングを行う業者さんはおられます(お掃除○○とかがそうらしい)。

 エアコンクリーニングに対するスタンスや方向性は当店を含め業者さんごとにまちまちで一概に否定も肯定もするものではないと存じます。

 たとえばお掃除機能付きエアコン等に対してですが分解を含め清掃作業において破損や各種不具合のリスクを踏み越えてまで無理して作業をする事は悪くしますとお客様の不利益になりかねませんのでそのあたりの必要か不要かはさじ加減を要することは認めます(自分の知る限り数少ないいくつかの優秀な業者はそうした問題、リスクを確実に避けてしっかり完全分解をしてクリーニング作業を行われておりますが)

 それに対してスタンダードエアコンの本体カバーが外せないままクリーニングを行う事は確実に悪質な手抜きと存じます。

 そうしてでもクリーニングが成立するものと詭弁、強弁をされても通常はしっかり取り外しができるものをそうせずに本体カバーを取り付けた状態で内部にカビや汚れを大量に残した状態で作業終了というのはあまりにもお客様が受ける不利益が大きすぎます。

 そうした作業ですとなんとか洗浄できた範囲へのカビの繁殖やにおいの復活などはきちんと本体カバーを取り外した状態のクリーニングに比べて著しく早まると存じます(断じます)

 スタンダードエアコンに関しては本体カバーを取り外さない状態でクリーニングをされる手抜き業者様への依頼は避けた方が明らかに無難と存じます。

 えらそうに長文を述べましたがスタンダードエアコンの完全分解クリーニングやお掃除機能付きエアコンのクリーニングに対する見解は別の機会で述べさせて頂きます(こうした事が行える優秀な業者についてよりも悪質な手抜き業者様の排除に関する記事のアップ、更新の方がお客様のためには優先と考えました)

   

エアコンクリーニング ビフォー写真
★写真をクリックして拡大できます(クリック後にマウスホイールで拡大縮小できます)。

ビフォー写真②です。

 現在の住居に引越しをしましてもう6年目になりますが引っ越し当初は電源を付けると少しにおいがしたのですがしばらくしましたら何故かにおいが出なくなってしまったのでクリーニングは面倒で長いことしておりませんでした。

 フィルター清掃も引っ越し後4~5年は1回もしてなかったですね(マジで)。

 割と通年で日常稼働していたのですが後述のファンも含めてですが思いのほか汚れはそれほどでもなかったです。

 ただし風量は電気代節約の意味合いも含めて常に‘静か(最小)’のモードで運転しておりました。

 インバータ(エアコンや冷蔵庫で必要な温度調整を必要な時だけ無駄なく最小限で機械を稼働させる機能)をフル活用してエアコンが頑張る(=電気代がかかるのを最小限に抑える)のを必要に応じて可能な限り最小限にする目的です。

 

エアコンクリーニング ビフォー写真
★写真をクリックして拡大できます(クリック後にマウスホイールで拡大縮小できます)。

ビフォー写真③です。

 ファン部分です。

 掲載不可能なレベルでもっとすごい事になってると思いましたが4~5年分の汚れの堆積でしたが見てみますと上記の内容の通りファン部分もカビと汚れは意外とそんなでもありませんでした。

  

アフター写真

エアコンクリーニング アフター写真
★写真をクリックして拡大できます(クリック後にマウスホイールで拡大縮小できます)。

アフター写真①です。

 汚れを除去しました。

 ビフォー写真の段階ではそんなに変わらないかな、という感じでしたがやったらやったでやっぱりさっぱり感があるものです。

 

エアコンクリーニング アフター写真
★写真をクリックして拡大できます(クリック後にマウスホイールで拡大縮小できます)。

アフター写真②です。

 ほこりはすっかり取れてすっきりした印象です。

 ススやヤニの汚れはほとんどありませんでしたのでアルミフィンの色の感じはほとんど変わりないです。

 

エアコンクリーニング アフター写真
★写真をクリックして拡大できます(クリック後にマウスホイールで拡大縮小できます)。

アフター写真③です。

 ファン部分もきれいにできました。

 今回はファンのクリーニングは非常にうまくできた例です。

 クリーニング終了時にはお客様にはファンに対してライトを照らしながら説明をしますが正直10件中1~2件位はうっすらと膜になったように汚れが残った状態の時があります(悪情報ですが正直に書きます)。

 しかしながら元の状態が汚れがひどい状態の事が多いのでお客様には洗剤のつけ置きによる洗浄作業においては限界レベルで汚れを除去できていますと説明してご納得頂けてはおります(あくまでライトで照らした時の事です。自然光や室内光での目視では全く問題ない見え方の仕上がりをご提供しております。洗剤の主成分の水酸化ナトリウムは残った汚れに含まれていたり多少のすすぎ残しで若干残留がありましても空気中と水道水中の二酸化炭素と化学反応を起こして重曹になって無害化してしまいます。こうしたスグレモノの性質のおかげで水酸化ナトリウムは地球上の自然界では自然の状態では存在しておりません。ある意味エコ洗剤よりもエコな性質です。よって原理上細菌類もこの物質に対しては耐性のつけようがありませんから殺菌力も抜群で随一ですね。作業中において作業者は取り扱いに多少の熟練を要しますが)。

 上記のファンの写真はストロボを炊かずに自然光で撮影しました。

 今回の撮影で2~30枚は撮影しましたが自然光でこういった暗がりをうまく撮影するのは結構難しく、うまいことピントが合ってこうしたビフォーアフター写真の使用に耐えられるのは撮影した全部の内の半分位になってしまいます。

 

エアコンクリーニング アフター写真
★写真をクリックして拡大できます(クリック後にマウスホイールで拡大縮小できます)。

アフター写真④です。

 アフター写真③がスマホの画面ですとファン部分の黒がつぶれてしまってまして状態がわかりずらかったので念のためもう1枚追加でアップします。

 あんまり変わらないかもですが(パソコン画面でしたらきれいになった状態が良くわかります。よろしければパソコンの画面でご覧下さい)。

  

まとめ(エアコンクリーニングによる1年前の同時期との電気料金比較)

 

店長夫人
店長夫人

で、本題に入りますがここのところの電気代の経過はどうなったのでしょうか!?

店長
店長

ははい、忘れておりました。

 電気料金の比較画像は下記になります。

 ご覧下さい(写真をクリックして拡大できます。クリック後にマウスホイールで拡大縮小できます)。

店長
店長

料金については画面で確認できますが念のため記しますと

2020年3月分¥13,940-→2021年3月分¥12,871-

 〃  4月分¥12,639-→ 〃  4月分 ¥8,799-

 〃 5月分 ¥9,932-→  〃  5月分 ¥6,639-

となっております(支払日のずれなどでもしかしたら前回の分の表示と月度等の表示が被っているかもしれませんが全て前回と違う月の料金比較です)。

店長
店長

春先になってエアコンをあまり使わなくなっても節約効果は続いております。

 今年の5月以降は昨年の秋口以降と併せて自宅のエアコン3台とも全てクリーニングしましたので一台分節約効果が寄与している模様です。

店長夫人
店長夫人

(・・・・・・・・・・・、!!)

店長
店長

特に5月分の電気料金は娘に「少なっ!!」と驚かれました(談)。

店長
店長

最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。

 詳しくはこちら「小島お掃除商会のエアコンクリーニングサービスメニューページ」をご覧下さい。

店長
店長

東京都、神奈川県のハウスクリーニングは小島お掃除商会にお任せ下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました